FC2ブログ

プロフィール

haleshoma

Author:haleshoma
ぼ、ぼ、ぼくらは中年探偵団。

国内法の整備がなされないままのハーグ条約批准に反対します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

World-Word-翻訳

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーグ条約以前

朝日新聞のハーグ条約関連の記事の中で、日本に母親が子どもを連れ去るケースのほとんどはDVのケースだと国際離婚を扱っているO弁護士が述べている。以前にも同じコメントを発表して、外国人父親たちを激怒させ、契約を打ち切ったアメリカ人父親もいるぐらいだ。仮にDVだとしても、アメリカなどでは第三者の手を借りて面会させているわけだから、DVだから会わせなくてよいという理屈は外国人には通用しない。アメリカ各地にあるビジテーション・センターというのはそういう問題のあるケースを扱うためのものらしい。

私が感じるのは、日本がハーグ条約を批准していないことが一番の問題なのではなく、日本に連れ去られてしまえば外国人親には面会の権利、居場所を知る権利さえもないことが一番問題だと思う。日本人同士の引き離しでも同じだけど、これは世界的に異常なことではないのだろうかと、私自身の連れ去られ体験から思う。実の親なのに会わせないなど、人間の感情としてありえない酷いことなのに日本ではそれが普通のことになっているのがどう考えてもおかしい。ハーグ条約だの共同親権などという以前に「会わせなくてよい」という悪しき常識を「会わせるのが当然」に変えていかなければならない。それには法改正も公的支援(相談窓口、ビジテーション・センターなどなど)も必要で、地方議会にその二つを求めて請願・陳情を始めたのは正しいことだったと思う。
スポンサーサイト

<< 「法なき国」 ドラ・トーザンのコラム | ホーム | 国際結婚破綻した親と子 連れ去り防止 日本苦慮 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。